仏前式は家族の絆を結ぶ大切な儀式です

赤坂豊川稲荷の仏前式

仏前式を資料請求

仏前式・仏閣での結婚式

仏前式とは、ほとけ様の前で執り行う結婚式です。

二人で愛を誓い合うというよりも、先祖へ結婚を報告するというのが本来の儀式です。

仏教を信仰していない場合でも、仏閣で結婚式を挙げるカップルも増えています。

豊川稲荷

豊川稲荷

東京/赤坂

赤坂で日本古来の結婚式を

豊川稲荷は昔、順徳天皇第三皇子寒厳禅師が最初感得された稲穂を荷い、白狐に跨り給う端麗なお姿の豊川咤枳尼真天という霊験あらたかな仏法守護の善神です。

当別院は江戸時代、大岡越前守忠相公が信仰された由緒あるご尊像をまつり、もと赤坂一ツ木の大岡邸にあったものを、明治20年現在地に奉還し、愛知県豊川閣の直轄別院となり今日に至ったものです。

赤坂 豊川稲荷で日本古来の伝統を体感しながら心に残る一日を過ごしませんか。

資料請求はこちら

挙式風景赤坂豊川稲荷の仏前式挙式料100,000円衣装レンタル&着付け128,000円

レストランフウのメニュー
挙式後の会食もOK

挙式後は、東京乃木坂にあるフレンチレストラン「FEU」での会食もお受けしております。自然光が差し込む明るいダイニングで、新鋭のシェフが創り出す「レストラン フウ」の感動のフランス料理をゲストとともにお楽しみいただけます。

レストランFEU

仏閣

赤坂豊川稲荷を資料請求

仏前式・仏閣での結婚式

仏前式は神前式と比べると耳慣れない感じがしますが、二人の出会いと発展を先祖にご報告する格式高い結婚式です。

一般的には、先祖代々の菩提寺やなじみのある寺院、または、自宅の仏前に僧侶を招いて行います。

六輝などの日にちは関係ありません。

豊川稲荷 拝殿

仏前式の流れ

  • 1.両家親族入場
  • 2.新郎新婦入場
  • 3.式師入場
  • 新郎新婦起立 新郎新婦両家一同合掌 新郎新婦着席
  • 4.開式の辞
  • 5.献香普同三拝
  • 新郎新婦、両家一同は合掌三礼し、終了後合掌をおろします
  • 6.啓白文奉読
  • 新郎新婦は合掌し、終了後合掌をおろします
  • 7.誓詞
  • 新郎新婦は僧侶から誓いの言葉を受取り二人で声を揃えて読んでください。読み終えたら人差し指で捺印し、僧侶に渡し元の位置に帰り、着席です
  • 8.三献の儀
  • 新郎新婦は起立し、終了後着席してください
  • 9.親族固めの盃事
  • 新郎新婦は僧侶から盃を受取り、式師様の「おめでとうございます」の発声にていただいて下さい
  • 10.寿珠授興
  • 新郎新婦は起立して下さい。合掌し、式師様より合掌にて寿珠を受取り、二人が受け取った後、左手首に寿珠をかけ、合掌をおろして下さい
  • 11.指輪交換
  • 新郎新婦は起立してください。式師様より新郎から先に指輪を渡されます。受け取った後指輪の交換を二人にそれぞれ行ってください
  • 12.祈祷
  • その場でご祈祷が終わるまで一同祈願をしてください
  • 13.回向
  • 新郎新婦、両家の読込みがあります
  • 14.普同三拝
  • 新郎新婦、両家一同は合掌三礼し、終了後合掌をおろして下さい
  • 15.式師退場
  • 新郎新婦、両家一同は合掌し、退場後合掌をおろして下さい。新郎新婦が退場します。続いて両家親族の退場です